伊勢こども&オジーオバ―食堂開催のお知らせ 12回目

こんにちは。玄龍です。

平成29年9月から開催スタートした伊勢こども&オジーオバ―食堂。

早いもので今回で12回目になります。当初は立ち上げたのはいいけれど・・・

 

(ボランティアのたけちゃんと近くの五十鈴川小学校の生徒へチラシを渡して参加呼びかけ)

参加する人が0人で大量のカレーと疲労で愕然とした日もありました(30名分のカレーはつくるので)

でも皆さんのおかげさまで継続してこれたことを感謝しています。

 

 

本当に支援物資が届いたときの嬉しいこと^^

またそれをこども達や高齢者の参加者に伝えると、これがまたまた嬉しい笑顔。

そういう感動や物語があるから継続していける力が与えられています。

さて2月28日(水曜日)は恒例の伊勢こども&オジーオバ―食堂の開催日です!!

新しく参加してくれる親子も大募集中なのでお気軽に直接来てください。

 

伊勢こども&オジーオバ―食堂

平成30年2月28日(水曜日)毎月第二、四水曜日に開催しています。

場所      三重県伊勢市宇治浦田3-1-18 ゲストハウス愚狂庵内

時間      16時~20時

参加資格    誰でも参加できます

料金      無料

過去のメニュー カレー・シチュー・沖縄そば・焼き芋・サラダ・豚汁など

 

読者の皆さんはこども食堂ってどんなイメージをもっていますか??

今日はこども食堂を取材している東洋経済オンラインさんの記事を引用させてシェアします。

 

想像と違った!「こども食堂」の本当の意義

「子どもの貧困」対策になるか

治部 れんげ : ジャーナリスト

「こども食堂」とは、どのようなものなのか

先進国の中では突出して、相対的な貧困状態にある子どもが多い日本。

特に大人が一人の世帯では相対的貧困率が50.8%に達している。

平成26年度版「子ども・若者白書」によれば、「子どもの相対的貧困率はOECD加盟国34カ国中10番目に高く、OECD平均を上回っている。子どもがいる現役世帯のうち大人が1人の世帯の相対的貧困率はOECD加盟国中最も高い」。(注:相対的貧困の算出方法については、厚生労働省の解説を参照。)

社会運動のトレンドになりつつある「こども食堂」

こうした中、子どもの貧困対策として注目を集めているのが「こども食堂」だ。

食材は寄付、調理は地域のボランティアが手掛けることが多く、無料または数百円で食事を提供する。

昨年からテレビ、新聞等の報道も増えている。都内を中心に、こども食堂を手掛ける団体が集まる「こども食堂ネットワーク」には、17の食堂が登録されており、食材、寄付金、ボランティアの情報が集まる。

経済的な理由から、家で満足な食事を取れない子どもに暖かい食事を提供する――。

趣旨に賛同した地域のボランティアや子育て支援などに携わる大人が運営に参加し、こども食堂は社会運動のトレンドになりつつある。

ただし、実際にこども食堂を運営する人、現場を見た人はイメージとのギャップを指摘する。

「貧困家庭の子どもがどのくらい、来ているか分からない」「困っている親子というより、安く健康的な食事ができるから来ている普通の親子が多い」……。

こども食堂」の存在を知るには情報収集力がいる。足を運ぶには行動力や交通費を捻出する経済力も必要だ。それができる人はおそらく、貧困のどん底にはいないだろう。

では、こども食堂は貧困対策には役立たないのか。どうしたら、よりニーズの高い人に来てもらえるのか。岩手県盛岡市でひとり親支援を手掛けるNPOインクルいわてが企画・実施する「こども食堂」からヒントを探る。

しゃれたカフェのような趣

3月27日(日曜日)の午後5時30分すぎ。JR盛岡駅から車で10分ほどの市街地にある「フキデチョウ文庫」には、すでに10名近い子ども達と同数の大人が集まっていた。

アーケードが続く商店街を出て大通りを渡り少し歩く。有名蕎麦店の数軒先にある白い建物は、しゃれたカフェのような趣だ。入り口には介護車両が止まっている。

フキデチョウ文庫は私設図書館と通所介護施設を兼ねている。1階には書籍や漫画の棚や宿題ができる大きなテーブル、2階は広いリビングダイニングとキッチン。

内装は木で出来ていて落ち着く。2階は平日の午前9時から午後3時まで、通所介護に使われている。夜間や休日にこのスペースを活用して、今年1月から月2回のペースで「こども食堂」が始まった。

この日のメニュー

この日のメニューは焼肉丼。レタスや焼いたピーマン、ネギが添えられ、白菜が入った野菜の味噌汁、にんじんとじゃがいものきんぴらが付く。テーブルには大皿に盛られたりんごやみかん。栄養のバランスがよい。

午後6時頃から、1人ずつ盛りつけられたお盆を持ってテーブルにつき、順に食べ始める。母親の隣に座る子。なついている大学生のお兄さんのために、自分の近くの席を確保しておく子などさまざまだ。

調理に携わるのは、NPOインクルいわてのスタッフ3名とボランティア。

この日は、合計10名ほどが立ち働いていた。配膳が一段落した6時半頃から調理スタッフとボランティアも参加者に混じって食べる。筆者もひとつのテーブルで一緒にいただいた。

顔見知り同士や初対面の人たちが世間話をしながら食事が進む。向かいの席にいた小学生がよく野菜を食べるので「えらいね」と声をかけると、母親が「ここではしっかり食べようねって、来る途中、話してきたんです」と答える。学校とは違う友達と遊べる場を子どもも楽しみにしている、という。毎回20~30人が参加するそうだ。

一緒に食事をした人たちは、子どもの食事マナーをきちんとしつけている印象を受けた。「困窮している様子の人はいないように感じたのですが……」。

翌日のインタビューで「こども食堂」を運営するNPOインクルいわて理事長の山屋理恵さんに感想を伝えると、こんな言葉が返ってきた。

 

NPOインクルいわて理事長の山屋理恵さん
「そうですか。一緒に食事をしながら話しているうちに、お金のことや病気のことが心配という話が、昨日の参加者からも出てきましたよ」。昨日の参加者のほとんどの方々がなんらかの福祉の支援をうけていたり、課題を抱えていたりしていたり、つらい体験をしていたそうだ。筆者は全く気づかなかった。

「見た目には分からないと思います、また、見えないようにしています。様々な課題を見える化し、地域と共有し、支えあい、生きにくさを取り除ける場所。こども食堂というかたちで、誰でも来ていい、悩みを話せる、暖かい場所を作りたかったんです」と言う。

ある親子の場合、子どもがチラシを見て「お母さん、これ行ったほうがいいよ」と勧めたそうだ。親しみやすいデザインのチラシを作ったのは、調理師免許を持つインクルのスタッフ、大久保千紗さん。介護の仕事や電話相談員の経験を通じて、色々な人が覚える「生きづらさ」を見聞きしてきた。

「個で生きている人」が、つながるきっかけに

スタッフの大久保千紗さん
「社会との接点が少ないまま、個で生きている人が多い。困っていても、人に頼らず生きようとする人が多いし、支援を求めても自己責任と言われがちな風潮を知っているから、傷つかないようにすると支援を求められない。

横のつながりという言葉はよく聞きますが、どうしたらいいか分からない人が多いのが実情です。

でも、ここで一緒に御飯を食べることで、つながることができます。大事なのは支援の敷居をいかに下げるか。子どもの問題は親の問題であり、地域の問題。続けることに意味があると思います」。

 

出典 東洋経済新聞社 2016年06月04日 治部 れんげ : ジャーナリスト

 

いかがだったでしょうか??

 

私は今回紹介したようなスタンスに共感するのでシェアさせて頂きました。

確かに家庭の貧困や様々な問題はあるのですが・・・

それを強調しすぎるのも私は違和感があったりします。

そして私は小さなヨガ教室などもしていますがスタッフの大久保千紗さんが言っているように

「つながり」を再確認することがヨガの本来の大きな目的だと思います。

本当は離れていない関係性を「つながっていた」という気づきを少しでも私から与えて私もこども達に与えて欲しいと思います。

 

伊勢こども&オジーオバ―の特色と可能性

1ゲストハウスなので外国人観光客が宿泊する。ネイティブの英語会話が体験できる。

(参加するこども達は英会話教室に通っている子もいます)

2たけちゃんはアメリカ滞在(幼少時代)だったので語学力が凄い。無料で英会話が学べる。

3ボランティアの中ちゃんは人力車夫なので無料で人力車に乗ることができる。

4私はギターが弾けるのでギターなどを教えることもできる

5中ちゃんとたけちゃんは大学卒業しているので宿題も一緒にできる

6ヨガなど、こども達と楽しみながらできる

今後の展望

 

参加者を今より増やして新しい参加する人を集めたい

自然のキャンプ的な要素を取り入れて皆でワイワイ遊びたい

ドラム缶風呂を改良して五右衛門風呂をこども達に体験させたい(本当は私が一番やりたい)

(ドラム缶は購入しました笑)

活動支援のお願い

上記画像をクリックしたら活動支援の欲しい品物がわかります。そこから直接購入して届けることができます。

全国のフードバンク活動は皆様からの寄付や支援で活動をしています。フードバンクISEの支援金を緊急で募集しています。

(ゆうちょ銀行から振込して頂ける方)
記号番号12280 
番号33068641
口座名義 フードバンクイセ

(他銀行から振込して頂ける方)
店名(ニニハチ)
店番228
預金種目(普通預金)
口座番号3306864
口座名義フードバンクイセ

フードバンクISE 代表 新垣玄龍

 

 

 

 

【完全保存版】ヨガとマインドフルネス

 

あなたはヨガと聞いて、なにを思い浮かべるだろうか?

 

「女性がやるもの?」「インド人がやってるもの?」「体がやわらかい人がやるもの?」そう思うかもしれないが、そうではない。

ヨガとは4000年以上前に人類が発明した、心身を鍛える最強のエクササイズなのである。

ダイヤモンド社より発売され、早くも増刷が決まった話題の1冊『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』よりその一部を抜粋してお届けする。

 

ヨガの目的は「心の整理」である

少しだけ、ヨガ誕生の歴史をご紹介したい。

インドではその昔、「生きにくさ」をなんとかするために人びとは「祈り」を捧げていた。

しかしあるとき、「祈り」といった他力本願ではなく、すべての原因は自分自身にあるということに気づいたものがいた。それが「ヨガの発見」につながったという。

心を見つめ自分について真剣に探求するヨガの発見は、多くの人の苦悩を解放する「希望」としてインドで急速に広がっていったのだ。

 ヨガは実践的な方法によって「本当の自分」を発見する。これは、まさに「祈り」という宗教からの脱却だった。

現在、ヨガと聞くと、健康法やフィットネスというイメージが強いが、そういったポーズや呼吸法が最初からあったわけではない。

心を整えるために、時代を経て進化してきたものであり、ヨガの進化は未だ終わっていない。

つまり、ヨガのそもそもの目的は健康になることやストレッチではなく、精神の平穏であり、心の整理であったのだ。

 

「呼吸」「姿勢(体)」「瞑想」の三位一体

「心」と「呼吸」に関係があることは、ヨガが誕生する前のバラモン教の時代から知られていたことだった。人びとは心をコントロールするために呼吸をコントロールすることに気づいた。

その後、呼吸をよりよくするためには「体の調整」が必要であることがわかってきた。10世紀頃になると、心をコントロールするための呼吸をコントロールするために積極的にポーズを通じて、体をコントロールする試みが始まる。

心を整える瞑想をするためには、正しい呼吸が必要だ。そして、深くゆっくりとした呼吸をするためには、正しい姿勢が必要である。体にゆがみがあると、正しい呼吸ができないからだ。

ヨガの修行者は、「呼吸」「姿勢(体)」「心」を三位一体にすることの大切さに気づき、それがヨガの根幹となったのだ。

このように進化してきたヨガの実践法は、特定の思想や宗派に限られることなく、インド思想の根底をなす土壌となった。日本人にとってより身近な仏教も、そうした環境の中で培われた思想のひとつなのである。

いま瞑想やマインドフルネスが流行り始めているが、すべての源流がこのヨガだと言えるだろう。

 

ヨーガの目的

ヨーガにおける最古の古典ヨーガスートラに、ヨーガの目的は次のように記載されています。

「ヨーガの目的は心の作用を止滅することである。」

ヨーガはこの一文につきるといっていいでしょう。でも、’心の作用を止滅’というと、難しそうな感じがしますね。

まず「心の作用」とは、常日頃私たちが思考してしまう心の働きの事を指します。

一日の日常生活で、私たちは<18万回以上>の思考をしているといわれています。

まるで高速道路の渋滞が常に頭で起こっている状態です。

 

それほど、私たちは多くの事を考えています。未来の事、過去の事、良い事、悪い事など自分で評価して判断しています。それをしないようにするのが「止滅」という事です。

「止」は止めるという意味より、ある対象物に対して、注意を向けて集中し続けるということです。

心を集中して留め、その結果、思考が止まるといった意味合いです。

そして、「滅」ですが、注意し続ける事により、自分自身が「虚」になることです。

 

言い換えれば、脱中心化(自己中心的でなくなる)が起こっていくことです。

 


つまり、すべての物事は自分中心ではなく、すべてつながり(関係性)で成り立っている、というころに気づき続けているという事に行きつきます。

 

マインドフルネスを深めるために~ハタヨーガ/アーサナ(ポーズ)~

現在、いろいろなヨーガ諸流派、顔ヨガ、笑いヨガ、アロマヨガ、アイアンガ―ヨガ、パワーヨガ、経絡ヨガなどなど、何でもかんでもヨガの前に何かつけて、ヨーガとなっていますが、ポイントは、運動を介するヨーガはハタヨーガが起源という事です。


このあたりも誤解なく理解しておくと良いでしょう。本来、種類は多くありません。

次に、ハタヨーガのアーサナ(ポーズ)の効果についてです。まだ、あるかもしれませんが考えただけでも以下の効果があると思います。

・有酸素運動→体力UP
・等尺性収縮運動(アイソメトリック)→筋力UP
・注意集中力トレーニング(バランスのポーズ等)→集中力UP
・柔軟性強化(ストレッチの要素)→筋肉柔軟性UP
・内受容感覚トレーニング→感覚器官UP
・リラクゼーショントレーニング→回復力・免疫力UP
・忍耐力強化(アーサナキープを続ける)→受容力UP
・筋肉の柔軟性回復・血流促進による身体の痛みの軽減

 

このような効果の積み重ねで、体にとって好ましい効果がでてくるのでしょう。

 

アーサナを日本語で訳すと「坐法」と訳されます。坐り方、正しい坐り方を見つける方法が、アーサナの本来の意味だったのでしょう。つまり、メディテーションを行いやすい体を作るという事です。

 

そして、マインドフルネスを深めるための要素として、「集中力」というものはなくてはならない要素です。

アーサナでそれを強化していく事はとても大切なことになります。

また、アーサナを行っていると、瞬間瞬間の身体の変化も感じ取りやすいので、マインドフルネスをトレーニングをしていく上で、アーサナはとても役立つものです。

さらに、アーサナで私たちは安定して坐れる身体を作り、坐禅・マインドフルネス瞑想をしやすいからだを手にしていくことができます。

 

坐れる身体をしっかり作っていないと、坐禅・マインドフルネス瞑想の良さや深まりがわからずに、痛みだけで終わってしまいます。

そうならないためにも、ハタヨーガにおけるアーサナは、マインドフルネスを深める上で、大切な要素の一つになります。

ジョン・カバット・ジン氏も、ワークショップの中で、ヨーガほど優れたものは人類史上いまだない、とお話しされていました。

ヨガから派生してうまれたともいえるピラティスも、上記、ヨーガと同様の効果がありますので、マインドフルネス瞑想のしやすい身体をつくりあげるとも言えます。

マインドフルネスとラージャヨーガ

 

ラージャは王様という意味になります。

王様というと、一番良いものだという感覚ですが、そういうことではなく、メディテーションする準備がハタヨーガでできた、次の段階にラージャヨーガがあると考えた方がいいでしょう。メディテーションをするヨーガという事です。

また、ハタヨーガ・ラージャヨーガともに、奥深いものであり、常に二つのヨーガは相互に関連しあったものでもあります。

そして、マインドフルネスとラージャヨーガの関係ですが、ラージャヨーガは心の観察を行っていくことを行います。

それは、集中力をもって、身体感覚や心のメカニズムに注意を向けていくというやり方です。マインドフルネス瞑想と非常によく似ています。

メディテーションの方法についても、坐禅・ヴィパサナ―瞑想・ヨーガ瞑想法などそれぞれ手法が異なりますが、相互に影響を受けているところもあります。

そして、それらはマインドフルネス瞑想でも行うような方法もあり、切り分けが難しいところが実際のところでしょう。

それは、一つであるという事です。元々ヨーガの言葉の語源も、つなげるとか融合するという意味からきています。それがヨーガでありその目的という事でしょう。

 

 

 

 

 

【スティーブ・ジョブズの名言・格言】

これは私の大好きな言葉です。

 

 

 

仏教には「初心」という言葉があるそうです。

初心をもっているのは、

すばらしいことだ。

 

墓場で一番の金持ちになることは

私には重要ではない。

夜眠るとき、

我々は素晴らしいことをしたと言えること、

それが重要だ。

 

 

あなたの時間は限られている。

だから他人の人生を生きたりして

無駄に過ごしてはいけない。

ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。

それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。

他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声を

かき消したりすることのないようにしなさい。

そして最も重要なのは、

自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。

それはどういうわけか

あなたが本当になりたいものを

すでによく知っているのだから。

それ以外のことは、

全部二の次の意味しかない。

 

【スティーブ・ジョブズ】

生涯

1955年、シリア人政治学者の父と米国人大学院生ジョアンとの間に生まれる。ジョアンの父が二人の結婚を認めず、誕生以前から養子に出すことが決められ、スティーブはジョブズ夫妻に引き取られる。その後、生母と再会するのは、30歳のときであり、自分に妹がいることも知る。

13歳のときに、憧れのヒューレット・パッカード(HP)社のビル・ヒューレットの自宅に電話。ジョブズが部品をくださいと言うと、ビルは部品をくれたばかりか、夏休みのアルバイトにも誘ってくれた。ジョブズが高校生のとき、HP社の夏季インターンシップでスティーブ・ウォズニアック(ウォズ)と出会い、すぐに意気投合。

1972年、オレゴン州のリード大学へ進学。大学時代は、ユダヤ・キリスト・イスラム・アニミズム思想・坐禅・食事に心酔し、裸足で校内を歩き、風呂に入らない時期もあった。大学には、半年間通ったが、興味のない必修科目を履修することを嫌がり、「両親が一生をかけて貯めた学費を意味のない教育に使うのに罪悪感を抱いた」と中退。その後もキャンパスを放浪し、コーラの空き瓶拾いや電子装置の修理で稼ぎながら、哲学など興味のあるクラスだけを聴講した。

その後、導師を求めてインドを訪れたいと考えたジョブズは、旅費を捻出するために仕事を探し、1974年にアタリ社を訪問。「雇ってくれるまで帰らない」と宣言し、創業者に気に入られ、下級エンジニアとして採用される。

1975年、世界初の個人向けコンピュータ(アルテア8800)が発売され、人気を博していた。ウォズは、より安く、簡易な回路のコンピュータを作ることができると考え、半年で開発。HP社に商品化を持ち掛けるも断られたため、二人は自分たちで売り出すことを決意。製造したコンピュータをアップルと名付け、1976年、Apple Iの販売を開始する。

1977年に発売したApple Ⅱは、大ヒット。アップル社はシリコンバレーを代表する企業に成長。1980年に株式公開を果たし、ジョブズは2億ドルを超える資産を手にした。

1984年、Macintoshの発売を開始。しかし、ジョブズは需要予測を大幅に誤り、初めての赤字を計上。1983年にCEOに就任したジョン・スカリー(元ペプシコーラ社長)は、経営を混乱させているのはジョブズであると考え、Macintosh部門からジョブズを解任することを取締役会に要求。ジョブズもスカリーの追放を画策するも、1985年の取締役会でジョブズは会長職以外、すべての仕事を剥奪される。

同年、ジョブズは所有していたアップル社の株をすべて売却。アップル退職後には、オペレーティングシステム(OS)の開発(NeXT社)やピクサー・アニメーション・スタジオの設立などを行なう。

1996年、自社内でのOS開発が暗礁に乗り上げていたアップル社がジョブズのNeXT社を買収することで合意。ジョブズはアップルに非常勤顧問として復帰。買収代金として、150万株の株式を譲渡される。ジョブズは、筆頭株主として役員たちに辞任を迫り、経営陣のほとんどが辞任。

2000年にアップル社のCEOに就任。2001年、NeXTとアップル社の技術を融合させたMac OS Xを発売。また同年、iTunesとiPodによって音楽事業に参入。事業の柱に育てる。2007年には、iPhoneを発表。ジョブズが引退するまでにスマートフォン事業は、総売上高の5割を占めるまでに成長。

2003年、ジョブズは膵臓癌と診断されるが、手術を受けることを頑なに拒否。絶対菜食、ハリ治療、ハーブ療法、心霊治療などの療法を用いて完治を図る。しかし、その後の検査で癌が大きくなっていることがわかり摘出手術を受ける。2008年、肝臓への癌の転移が判明。容態は深刻な状況となり、CEOを休職。肝臓移植後、一旦体調は回復するも2011年に癌が再発。

2011年8月にジョブズは、CEOを辞任。同年10月に自宅で56歳の生涯を閉じた。長年ライバル関係であり、30年来の良き友人でもあったビル・ゲイツは、「スティーブのように深い影響力を与えられる人間は、めったにいない。その影響はこれからの多くの世代にも受け継がれるだろう」とその死を惜しんだ。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !