マインドフルネス セッションのご案内

元極道から僧侶、起業家、慈善活動家と自己変革を達成したGenryuのコーチング

なぜ今マインドフルネスが求められるのか?

巷で話題になっているマインドフルネス。グーグルでは社員教育にマインドフルネストレーニングの瞑想を取り入れ、ハーバードやスタンフォードといったビジネススクールの名門校でも、マインドフルネスの概念と実践についての講義が用意されています。

現代のビジネスパーソンは、日々マルチタスクに対応し(なんとマルチタスクは仕事の効率を落とし、常態化すると脳にも損傷を与える)、あふれかえる情報を処理しきれずにいる。

「今この瞬間に完全な注意を向けた状態」であるマインドフルネスをつくる方法は、ビジネスの結果を出していくために、必須のスキルであると注目されているのです。

※マルチタスク (multitasking) とは、複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することをいう。

マインドフルネスの効果=ビジネスの成果だけではない

このセッションではマインドフルネスが働くことの幸福感や健康にも寄与するということや、その科学的裏付けを述べつつ、実践方法を丁寧に示していきます。

とくに実践方法は、オーソドックスな瞑想から、食べたり歩いたりしながらマインドフルネスを意識する方法、日常の習慣のなかにマインドフルネスを組み込む方法など、多くの方法が提案されているので、どなたも何かしら実行しやすい方法を提案できる自信があります。

 

セッションのポイント

point1   マインドフルネスは、疲弊からすぐに立ち直って冷静な判断をする力、自己認識力、どんな状況でもポジティブでいる力など、混沌とした現代でビジネスの結果を出していく力を養う。マインドフルネストレーニングとして行われる瞑想は、そうした力に対応する脳の部位を発達させることが、研究と調査によって裏付けられている。

point2   マインドフルネストレーニングとは、「注意(力)」を高めて、マインドフルな状態をつくり出すプロセスである。少しずつでも毎日実践し続けることでマインドフルネスは磨かれる。

世界中で起きているマインドフルネス革命

マインドフルネス瞑想の広がり

©iStock/aradaphotography

マインドフルネスとは、「今この瞬間に完全な注意を向けた状態」のこと。「過去や未来に気を散らさず、今、あるがままの感情や思考、場の雰囲気などに十二分に注意を払っている状態」とも言えます。

マインドフルネスのための瞑想トレーニングをいち早く社員教育に取り入れたのは、グーグル。前例のないビジネスをリードし、多様な仲間との摩擦を共創の力に変えていくためには、それぞれの今に「注意を向ける」ことが不可欠なのです。また、社の掲げる「ウェルビーイング」というビジョンにも沿う効果を、マインドフルネスから得ることもできます。

マインドフルネスを重視し、ジムで身体を鍛えるように集中力を鍛えようとする動きは、今や業界を越え、国を越え、世界中に広がっている。日本でも、マインドフルネスのための瞑想は、客観性の高い具体的な方法として、既に一部に受け入れられつつあります。

【マインドフルネスがもたらす、結果を出す力】

不安定な世界を受け入れ、立ち直る力(レジリエンス)

マインドフルネスセッションの受講によって何を得られるのか?

現代の状況を表す、「VUCAワールド」という言葉。この語は、米国陸軍が世界情勢を捉えて表現したものであり、グローバル企業のエグゼクティブにも浸透しつつある。「変動の幅が大きく(Volatility)、不確実で(Uncertainty)、複雑で(Complexity)、問題の所在がどこなのかさえ曖昧な(Ambiguity)」世の中という意味です。

例えば、電化製品の機能を増やせば単純に売れ行きが伸びるかというと、そうではない。新興国で事業拡大のために投資すれば、政情不安のリスクがつきまとう。といったように、企業のリーダーは日々、「VUCAワールド」の不安定な状況のなかでの決断を迫られている。

質の高い意思決定を行うには、コントロールできない世界を前向きに受け入れ、疲弊してもすぐに立ち直れる力が必要だ。この復元力を「レジリエンス」というが、マインドフルネスはその基礎を養うことができる。

いま自分に起きていることに気づく力(セルフ・アウェアネス)

リーダーシップには、自己認識、つまり、自分の考えや感情が他者に与えている影響や価値観に十分に気づいていることが、欠かせません。リーダーが意識を業績や顧客といった外のことにばかり集中し、部下にもそれを強いていると、組織は短期的にはうまくいくかもしれない。しかし、中期的には、楽しく働く人がいなくなり、組織は病んでしまいます。

マインドフルネスを鍛えると、自己認識に関連する脳の部位が発達します。そしてその部位は、他者への共感や理解をうながす部位と深く関連しているのです。すなわち、自己認識をもったうえでこそ、他者の気持ちを汲みとることができるのです。研究結果によると、業績偏重よりも、こうした、他者への思いやりに基づいたリーダーシップのほうが、中長期的には業績に寄与するという結果が出ています。

静寂から幸せを生み出す力(ポジティビティ)

©iStock/Roman_Gorielov

アメリカのポジティブ心理学者の研究によれば、マインドフルネストレーニングを通してポジティビティを高めることができるという。それは、科学的には、いつでも笑顔いっぱいになる、という意味ではなく、つらいことも穏やかに受容できるようになる、という状態を指す。そして、気持ちが上向きで楽観的であると、脳の左側の前頭前野が活性化し、関心が広がったり新しいアイデアを受け入れたりする姿勢が強くなるのです。

また、感情が伝染することも明らかになっている事実だが、上司のポジティビティが高いと、部下のポジティビティも高くなり、仕事のパフォーマンスも向上する。ポジティビティは、個人的なパフォーマンスだけでなく、周囲にも良い影響を与えます。

脳科学的見地からのマインドフルネスの可能性

現代を生きる原始時代の脳

©iStock/ Jezperklauzen

私たちの脳は、不測の事態に遭うと、まず大脳辺縁系で過去の記憶と照らし合わせて「快・不快」、「安全・危険」といった状況を判断します。その情報は、同じ大脳辺縁系の中にある、情動をつくる扁桃体に送られる。すると扁桃体はその判断に対応したストレスホルモンやアドレナリンの分泌を発令する。扁桃体からの発令は、間脳の中にある視床下部にリレーされ、ホルモン分泌や自律神経の働きにより、快や不快の情動が身体の反応として現れる。一方、一度扁桃体がつくった快や不快の情動は、大脳辺縁系に送り返されて記憶され、今後の状況判断の際に参照されることになる。

こうした脳の「連携プレー」は、絶えず他の動物や人間に襲われ、食料の供給も常に不安定だった原始時代には欠かすことのない機能だった。しかし今日、この「連携プレー」のせいで困った事態に陥ることも多い。大昔、命に関わるような出来事に対する反応であった「連携プレー」は、日常のちょっとしたことでも働いてしまうためだ。たとえば、失敗体験の記憶が、新しい仕事に向かうモチベーションをくじいてしまう。また、ちょっとしたトラブルが続いたことでも、カーッと血がのぼって思考が停止してしまう。

先にふれた、VUCAワールドという特徴のある現代社会は、この原始時代と同じ設定の脳の弱点をことさらに露呈させてしまう。変化の激しい時代は、合理的な判断や理性よりも感情を優先させてしまうという脳の自動反応を、ますます促してしまいます。「変化し続ける世界」「変化しない脳」のギャップが、ビジネスにおいても生活においても、私たちを苦しめているのです。

脳を進化させる手段としてのマインドフルネストレーニング

危機的な状況や感情的な場面で、脳の自動反応に流されず、本来の力を発揮できるようになるには、どうすればよいか。大きな効果をもたらすのが、マインドフルネストレーニングなのです。マインドフルネストレーニング、とくに瞑想は、物事に関する理性的な判断をつかさどる大脳新皮質の働きを開発できるということが、学術的研究により近年明らかになっています。

ハーバード大学の研究者が、1万時間以上の瞑想経験のあるチベット仏教の僧侶の脳を測定した結果が紹介されている。それによると、瞑想経験者は、まず、幸福感と結びつく、左側前頭前野が右側前頭前野と比べて活発であるという特徴において、左側への偏重の度合が有意に高かった。また、大脳新皮質の中の、島皮質の部分と、注意力をコントロールする前頭葉の額の出っ張った部分とその上部を厚くすることもわかった。

島皮質は、身体感覚や感情を客観的に認識し、信号を脳の適切な部位にリレーする機能がある。つまり、島皮質の活性化によって、前述の「連携プレー」が起こった後に身体に何が起こっているかを認知することで、理性的な働きが復活し、状況を理解できるようになります。その後、状況とゴールに合わせて、合理的な判断ができるようになるのです。

マインドフルネス セッション料金

【動画】マインドフルネス①脳(ココロ)のエクササイズ  NHK Eテレ サイエンス 2016,08,21

【マインドフルネスの理解を深める】大脳辺縁系のおはなし limbic system

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください