【異次元】のび太がテストで0点しか取れない理由が闇が深すぎると話題に・・・!【驚愕画像】

アニメ『ドラえもん』ののび太君と言えばいつもテストで0点を取ってしまう残念な学力が有名です。低い点数を毎回取ってしまうならまだしも、0点というピンポイントな点数、しかも0点ということは何も分からず、当てずっぽうで解いても点が取れないということですが、そんなことを毎度毎度やるというのは確率的にもおかしいとは感じませんか?

 

 今回、そんな奇妙な現象の理由が判明しました!しかし、その理由はあまりにも闇が深すぎると話題になっています・・・。これはちょっとのび太君が可哀想になってきますね・・・

 

 

2+(2×5)=?

 まずはこちらの画像を見てみて下さい。注目すべきは、おそらくこのテストの最初の問題と思われる一番左上の問題と、その下の問題です。

 

「2+(2×5)=12」でバツとなっていますが、カッコの中(2×5)を先に計算してそこで出た答え(10)を残りの数字(2)と足したら絶対に12になりますよね!?なんとこのテスト、のび太は正解しているにもかかわらず、バツをつけられてしまっていたのです!

 そしてその下の「7-4×4」という問題。計算すると答えは「-9」になりますが、負の数というのは中学で習うはず。小学校5年生で解ける人はほとんどいないことでしょう。確かに、これではどう頑張っても0点しか取れませんし、闇の深さも感じてしまいますね・・・。

 

先生が「どうしてそんなに0点ばかりとるんだ。」と発言したのに対し、のび太は真顔で「先生がくれるから…。」と語っています。

 

確かに先ほどの算数のテストは、のび太が0点を取ったと言うより、先生がのび太に0点を与えた、という解釈の方がピッタリかも分かりませんね・・・。

 

ちなみに、はっきりとは覚えていませんが、筆者が14,5年前にドラえもんのアニメを見ていた時に、のび太がその中でテストで30点を取って周りが大騒ぎになり、のび太のママは感動して泣いていたエピソードがあった記憶があります。

さらなる深い闇は次ページから!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください