【完全保存版】ヨガとマインドフルネス

 

あなたはヨガと聞いて、なにを思い浮かべるだろうか?

 

「女性がやるもの?」「インド人がやってるもの?」「体がやわらかい人がやるもの?」そう思うかもしれないが、そうではない。

ヨガとは4000年以上前に人類が発明した、心身を鍛える最強のエクササイズなのである。

ダイヤモンド社より発売され、早くも増刷が決まった話題の1冊『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』よりその一部を抜粋してお届けする。

 

ヨガの目的は「心の整理」である

少しだけ、ヨガ誕生の歴史をご紹介したい。

インドではその昔、「生きにくさ」をなんとかするために人びとは「祈り」を捧げていた。

しかしあるとき、「祈り」といった他力本願ではなく、すべての原因は自分自身にあるということに気づいたものがいた。それが「ヨガの発見」につながったという。

心を見つめ自分について真剣に探求するヨガの発見は、多くの人の苦悩を解放する「希望」としてインドで急速に広がっていったのだ。

 ヨガは実践的な方法によって「本当の自分」を発見する。これは、まさに「祈り」という宗教からの脱却だった。

現在、ヨガと聞くと、健康法やフィットネスというイメージが強いが、そういったポーズや呼吸法が最初からあったわけではない。

心を整えるために、時代を経て進化してきたものであり、ヨガの進化は未だ終わっていない。

つまり、ヨガのそもそもの目的は健康になることやストレッチではなく、精神の平穏であり、心の整理であったのだ。

 

「呼吸」「姿勢(体)」「瞑想」の三位一体

「心」と「呼吸」に関係があることは、ヨガが誕生する前のバラモン教の時代から知られていたことだった。人びとは心をコントロールするために呼吸をコントロールすることに気づいた。

その後、呼吸をよりよくするためには「体の調整」が必要であることがわかってきた。10世紀頃になると、心をコントロールするための呼吸をコントロールするために積極的にポーズを通じて、体をコントロールする試みが始まる。

心を整える瞑想をするためには、正しい呼吸が必要だ。そして、深くゆっくりとした呼吸をするためには、正しい姿勢が必要である。体にゆがみがあると、正しい呼吸ができないからだ。

ヨガの修行者は、「呼吸」「姿勢(体)」「心」を三位一体にすることの大切さに気づき、それがヨガの根幹となったのだ。

このように進化してきたヨガの実践法は、特定の思想や宗派に限られることなく、インド思想の根底をなす土壌となった。日本人にとってより身近な仏教も、そうした環境の中で培われた思想のひとつなのである。

いま瞑想やマインドフルネスが流行り始めているが、すべての源流がこのヨガだと言えるだろう。

 

ヨーガの目的

ヨーガにおける最古の古典ヨーガスートラに、ヨーガの目的は次のように記載されています。

「ヨーガの目的は心の作用を止滅することである。」

ヨーガはこの一文につきるといっていいでしょう。でも、’心の作用を止滅’というと、難しそうな感じがしますね。

まず「心の作用」とは、常日頃私たちが思考してしまう心の働きの事を指します。

一日の日常生活で、私たちは<18万回以上>の思考をしているといわれています。

まるで高速道路の渋滞が常に頭で起こっている状態です。

 

それほど、私たちは多くの事を考えています。未来の事、過去の事、良い事、悪い事など自分で評価して判断しています。それをしないようにするのが「止滅」という事です。

「止」は止めるという意味より、ある対象物に対して、注意を向けて集中し続けるということです。

心を集中して留め、その結果、思考が止まるといった意味合いです。

そして、「滅」ですが、注意し続ける事により、自分自身が「虚」になることです。

 

言い換えれば、脱中心化(自己中心的でなくなる)が起こっていくことです。

 


つまり、すべての物事は自分中心ではなく、すべてつながり(関係性)で成り立っている、というころに気づき続けているという事に行きつきます。

 

マインドフルネスを深めるために~ハタヨーガ/アーサナ(ポーズ)~

現在、いろいろなヨーガ諸流派、顔ヨガ、笑いヨガ、アロマヨガ、アイアンガ―ヨガ、パワーヨガ、経絡ヨガなどなど、何でもかんでもヨガの前に何かつけて、ヨーガとなっていますが、ポイントは、運動を介するヨーガはハタヨーガが起源という事です。


このあたりも誤解なく理解しておくと良いでしょう。本来、種類は多くありません。

次に、ハタヨーガのアーサナ(ポーズ)の効果についてです。まだ、あるかもしれませんが考えただけでも以下の効果があると思います。

・有酸素運動→体力UP
・等尺性収縮運動(アイソメトリック)→筋力UP
・注意集中力トレーニング(バランスのポーズ等)→集中力UP
・柔軟性強化(ストレッチの要素)→筋肉柔軟性UP
・内受容感覚トレーニング→感覚器官UP
・リラクゼーショントレーニング→回復力・免疫力UP
・忍耐力強化(アーサナキープを続ける)→受容力UP
・筋肉の柔軟性回復・血流促進による身体の痛みの軽減

 

このような効果の積み重ねで、体にとって好ましい効果がでてくるのでしょう。

 

アーサナを日本語で訳すと「坐法」と訳されます。坐り方、正しい坐り方を見つける方法が、アーサナの本来の意味だったのでしょう。つまり、メディテーションを行いやすい体を作るという事です。

 

そして、マインドフルネスを深めるための要素として、「集中力」というものはなくてはならない要素です。

アーサナでそれを強化していく事はとても大切なことになります。

また、アーサナを行っていると、瞬間瞬間の身体の変化も感じ取りやすいので、マインドフルネスをトレーニングをしていく上で、アーサナはとても役立つものです。

さらに、アーサナで私たちは安定して坐れる身体を作り、坐禅・マインドフルネス瞑想をしやすいからだを手にしていくことができます。

 

坐れる身体をしっかり作っていないと、坐禅・マインドフルネス瞑想の良さや深まりがわからずに、痛みだけで終わってしまいます。

そうならないためにも、ハタヨーガにおけるアーサナは、マインドフルネスを深める上で、大切な要素の一つになります。

ジョン・カバット・ジン氏も、ワークショップの中で、ヨーガほど優れたものは人類史上いまだない、とお話しされていました。

ヨガから派生してうまれたともいえるピラティスも、上記、ヨーガと同様の効果がありますので、マインドフルネス瞑想のしやすい身体をつくりあげるとも言えます。

マインドフルネスとラージャヨーガ

 

ラージャは王様という意味になります。

王様というと、一番良いものだという感覚ですが、そういうことではなく、メディテーションする準備がハタヨーガでできた、次の段階にラージャヨーガがあると考えた方がいいでしょう。メディテーションをするヨーガという事です。

また、ハタヨーガ・ラージャヨーガともに、奥深いものであり、常に二つのヨーガは相互に関連しあったものでもあります。

そして、マインドフルネスとラージャヨーガの関係ですが、ラージャヨーガは心の観察を行っていくことを行います。

それは、集中力をもって、身体感覚や心のメカニズムに注意を向けていくというやり方です。マインドフルネス瞑想と非常によく似ています。

メディテーションの方法についても、坐禅・ヴィパサナ―瞑想・ヨーガ瞑想法などそれぞれ手法が異なりますが、相互に影響を受けているところもあります。

そして、それらはマインドフルネス瞑想でも行うような方法もあり、切り分けが難しいところが実際のところでしょう。

それは、一つであるという事です。元々ヨーガの言葉の語源も、つなげるとか融合するという意味からきています。それがヨーガでありその目的という事でしょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください