芸能界の闇】木村拓哉・工藤静香夫婦の子供の現在がとんでもない事になっていた・・・※画像あり

木村拓哉さんはアイドルとしての活動だけでなく、ドラマにも多く出演していますよね。そんな演技はとして有名な木村拓哉さんですが、あまり家族のことを話す機会はない気がします。

 

しかし今回この木村拓哉さんの娘の今の写真が流出したらしく、その姿は闇が深すぎると話題になっているのです。謎に包まれていた家族が明らかになりました。

 気になる画像や詳しい内容は次のページからご覧ください!!

緊急拡散】神奈川県相模原市、虐められている小4の息子を守りたいという母親の怒りと悲痛な訴え!!

「3年間に渡って、同じ児童から虐めにあっている息子。」このような書き出しから始まる、神奈川県相模原市の小学4年生の男子児童の母親が、Facebookに投稿した内容を今回はご紹介する。
 

 そこには、虐めに耐えられず自ら命を絶とうとした息子のこと、警察が動いても放置し続ける学校関係者と教育委員会のことなど、怒りと悲痛に満ちた訴えが綴られている。これを読んで下さっているあなたには、是非この母親の訴えを拡散し、虐めから目を背ける国を動かしていただきたい・・・!

 

あてにならない行政!勇気を出し…

 神奈川県相模原市の小学校に通う小学4年生のある男子生徒は、同じ児童から3年に渡って虐めを受けていると言う。その生徒は、担任に言われて書き始めた日記上で虐めのことを告白。第三者から学校へ連絡も入った。

 しかし、学校の校長は「どうせ親が書かせたものだ」と一切対応しなかったとのこと。辛い現実に耐えられず、その男子生徒はついに自分で命を絶とうとしたという。幸い、母親が虐めのことを警察に相談していたこともあり、警察が未然に対応。怪我もなく未遂で済んだ。

 こんな大事になっても、学校、教育委員会、県、文部科学省は全くの放置状態にしているとのこと。「ちゃんとした機関」であるはずの行政が、全くあてにできない対応をすることに我慢出来なくなった小4男子生徒の母親は、勇気を出して息子の虐めに関する実態をFacebook上で明らかにした。(出典:Facebook)

【衝撃】お札への落書きが問題になっている!!

それはお札についてのツイートでした

この間の某テレビ番組のさんまさんのスペシャルでお札に

さんまさんへの手紙をお札に書いたら届いたという話を
 

取り上げたばかりなのでそれを真似する人も増えたのかもしれませんね。

今回のツイートした方は接客のお仕事をしており

お客さんにお釣りとして渡せことができないと

そのお札にすごい困ってしまっています。

その落書きされたお札がこちら

 

 

あなたは大丈夫!?写真に「白く光る目」が写っていたら病気かも…※画像あり

写真で捉えた「白く光る目」

イギリスのウェスト・サセックス州、フェルパムに暮らしている20歳の医学生オーウェン・スクリーベンズさん。同い年の妻・エミリーさんとの間に生まれた生後14ヶ月を迎える男の子・ジャクソン君の若き父親でした。彼は家族のため、勉強の合間に介護のパートをして忙しい毎日を送っていたそうです。そして2016年12月、異変は起きました。スクリーベンズさんがかわいい盛りのジャクソン君をスマホのカメラでフラッシュを焚き撮影をした時のことです。

 

 

ジャクソン君の左目の違和感にすぐお気付きになるかと思います。右目はフラッシュを焚くとでよく見られる赤目現象なのですが、なぜか左目は白く光っていたのです。スクリーベンズさんはこの謎の「白く光る目」がとても気になり、過去の撮影したジャクソンくんの写真を確認。すると、確認して気づいたのはどれも“同じシチュエーションで撮影された写真だけ”だと判明したのです。

 

隠れていた病

スクリーベンズさんがネットで「白く光る目」の症状を調べると、いくつかがヒットしました。


・白内障
・網膜剥離
・網膜芽細胞腫(目のガン)

彼はジャクソン君を連れ、すぐさまロンドン・ロイヤル・ホスピタルに駆け込むことに。病院で検査を受け、そこで判明したのは・・・。

こんな赤ペン先生見た事ない!?生徒の態度に人間らしい受け答えをしていた!?!?

ベネッセの通信講座、進研ゼミをご存知の方は多いと思います。

また、実際に子供の頃にやっていた!という人も少なくないはずです。

そんな進研ゼミの添削指導員「赤ペン先生」の意外な回答が話題になっています。

 

喝を入れる赤ペン先生

進研ゼミをやったことのある人ならピンとくると思いますが、通常まじめに回答用紙を提出していれば、その解答はとても優しい口調でやる気を出させてくれるイメージがあると思います。

 

どんな時にも優しく添削してくれるのかと思いきや「まじめに」取り組む姿勢が見られない生徒には、こんなにも厳しい切れ気味な口調で対応することもあるようです。